top of page

エヴリン・プリット



Evelyn Prittは、インドネシアの写真家。満天の星空が煌めくこのダイナミックなパノラマは、バリ島の火山でできた黒い砂浜を撮影したものだという。一等星のように輝くのはガラスの破片と教えてくれた。彼女の「Stars below」シリーズを紹介したいと思う。すべてのものに命があり、小さなものにも宇宙がある。アミニズムを写真にするということはこういうことではないかと、思う。(谷口純弘)


Stars Below - Burst

「Stars Below」シリーズについて。

このシリーズは、バリ島のビーチサイドにある火山砂を撮影したものです。ある時間帯にある角度から見ると、太陽の光を反射して砂が光ります。まるでたくさんの星が詰まった深宇宙のようで、私の足元にあるこの砂のように、深宇宙も実は固体なのではないかと考えさせられます。

ある時、この砂の写真を撮っていると、おじいさんが「何を撮っているの?」と聞いてきました。「この砂は、ダイヤモンドのようにキラキラしているけど、カメラで撮るのは難しいんだ」って語りかけてきました。そんな思い出も込められた写真たちです。


Stars Below - Space

Stars Below - Submerged Space Black

Stars Below - Sky V

Stars Below - Surface

Stars Below - Vapor

Stars Below - Sun

Stars Below - Trails

Stars Below - Layer

Stars Below - Rock

 

Evelyn Pritt

インドネシアを拠点に活躍するアーティストであり写真家。写真をデータ収集のツールとして使用し、自然や周囲の環境を観察し、そこで生じる疑問や思考を視覚化し作品を制作。

彼女の写真は、上と下にあるべきもののルールにとらわれず、画像の向きを変えることで複数の視覚的知覚の可能性を探っている。


CV: Group Exhibition

2017 Unknown Asia Photography, DMOARTS, Osaka

2017 Fantasy Islands, Chapel Gallery at Objectifs, Singapore

2017 Broken Heart Gallery, Plaza Indonesia, Jakarta

2016 Universe Behind the Doors, Artotel, Jakarta

2015 Jakarta Biennale, Gudang Sarinah, Jakarta

2015 No Other Color, Tugu Kunstkring Paleis, Jakarta

2014 Jakarta International Photo Summit III, Galeri Nasional, Jakarta

2011 Beyond Photography, Ciputra Artpreneur Center, Jakarta

2009 Jakarta Bienalle XIII, Taman Ismail Marzuki, Jakarta

2009 Mata Perempuan 3, Galeri Cipta III Taman Ismail Marzuki, Jakarta

2007 Mata Perempuan 2, Galeri Cipta III Taman Ismail Marzuki, Jakarta

2007 Jakarta International Photo Summit, Jakarta

2005 Sensecity, Galeri Foto Jurnalistik Antara, Jakarta

2004 Lalu Kini Nanti, Goethe Institut, Jakarta

1994 Kota Kita I, Galeri Foto Jurnalistik Antara, Jakarta



 


コメント


bottom of page