top of page

池口友理「2021年スーパーの旅」2021.9.23 - 10.3



2009年第13回文化庁メディア芸術祭アート部門・審査委員会推薦作品に選ばれて以降、活動の幅を広げて着実にファンを増やしている画家・池口友理の個展を9月23日(祝・木)よりチグニッタ・スペースで開催します。2021年4月に「トーキョーカルチャート by ビームス」(東京)以来の個展となります。


 

池口友理

画家。京都工芸繊維大学でデザインを学び、国立パリ建築大学ラヴィレット校に1年間留学経験もある。 自分で自分の絵を異なる媒体にリプロダクション(再生産)する。 2009年 第13回文化庁メディア芸術祭アート部門 審査委員会推薦作品 2010年 第144回日図創作図案総合展 経済産業大臣賞 2013年から毎年個展を開催。 2021年4月にトーキョーカルチャートbyビームスで展示以来の個展となる。

 


画家の池口友理は、外出制限された暮らしの中で、毎日のスーパー通いに喜びを見出した。やがて、食品から雑貨まで豊富な商品の棚から棚へスーパーを回遊することはもはや「旅」となり心を解放する。スーパーに並ぶカラフルな商品をコミカルに紙に描き切り刻み、さらにその自作の絵を1片ずつ木片に再表現する複雑かつ独自の手法で再構築される池口ワールド炸裂の「スーパー」絵画作品が登場します。





池口は独特の手法で唯一無二の作品を制作する画家です。まず紙に描き、それをバラバラに切り離した1片ずつの絵を木片という異なるメディウムに再表現する複雑かつ独自の手法で「再構築」していきます。まずはこの動画をご覧頂き、池口の真面目でユーモラスな人柄と制作をご覧ください。


制作動画


また、今回は本個展で初の試みとして「静物画」にもチャレンジします。

色、構図、タッチ、視点。

スーパーで売られていたものたちが新たな役割をもって私たちの目を楽しませてくれます。




個展に寄せて by 池口友理

2020年、コロナウィルスで生活に変化がありました。外出は制限されました。 毎日スーパーに行くことが楽しみになりました。商品がたくさん並んでいて、カラフルで刺激的な視覚体験です。それはもう宇宙です。以前は山に登ったり、都会に行ったりするこが、私にとっての旅でしたが、今はスーパーに行くことが旅です。

スーパーの旅をインプットして、私は絵をアウトプットします。

************

池口友理は、chignittaが運営するオンラインサロンchignitta communityの会員でもあります。 「クリエイティブな人々のアイデアや発想の源はすべての人にシェアされるべき宝である」と考えるchignitta。今回の個展を通して、多くの方々に作家や作品が届くことを願っております。




池口友理 個展「2021年スーパーの旅」

■会期:2021年9月23日(祝・木) ~ 10月3日(日) ■時間:12:00 – 19:00 ■会場:chignitta space (チグニッタ・スペース) ■住所:大阪市西区京町堀 1-13-21高木ビル 1 階奥 ■内容:絵画作品の展示販売 ■入場無料 / 定休 月曜日 ■お問合せ info@chignitta.com

作家在廊予定: 9月23日(祝・木)、25日(土)、26日(日)、10月2日(土)、3日(日) インスタグラムで更新していきます。https://www.instagram.com/chignitta/

作品の問い合わせも受け付けております。メールでお問い合わせくださいませ。



bottom of page