top of page

株式会社アーバンリサーチとのアートコラボレーションがスタート。 第1弾は写真家・竹本英樹の作品を用いたTシャツを 「THE GOODLAND MARKET」で限定販売。



chignitta × FEEL FREE × THE GOODLAND MARKET

トリプルコラボによる写真家Hideki Takemotoの別注グラフィックTシャツ発売がスタートしました。


 

THE GOODLAND MARKET

サステイナビリティと感度を追求した新しいプラットフォームストアを目指した異種複合型の新業態で、ファッション、アート、エコロジーに関心の高い、ミレニアル世代やZ世代から注目を集めるブランドです。

FEEL FREE Freedom is the key to make your life feel like it’s your own. (何かに捉われることなく、それぞれの表現方法でなりたい自分になる) アートとファッションを合わせることで、ウェアリングをかっこよく見せるだけでなく、お気に入りのアートを身に着けるだけで気分が上がり、ちょっとした優越感に浸れ、自己表現を引き出してくれる。さまざまなアーティストと共にアートをファッションに取り入れることで、服を選ぶときにアートを旅するような感覚が持て、自分らしい表現方法を作り出す。 生地はオーガニックコットンを使用することでサスティナブルの社会を作ることに貢献します。 https://feel-free.shop-pro.jp/

chignitta

クリエイティブな人々のアイデアや発想の源はすべての人にシェアされるべき宝であるという考えのもと、あらゆるジャンルにおいて「自らの意思で動き、表現し続けるインディペンデントな人たち」と関わることをモットーとし、オンラインコミュニティchignitta communityではみんなの自己実現を形にするプロジェクトを実行中。大阪市西区京町堀にあるリアルな場所 chignitta spaceでは、アート展覧会、イベント企画、アートプロジェクトのディレクションも行う。

 


「いまのそれではなく、まだ見ぬそれを共創するマーケット」を展開するブランド『 THE GOODLAND MARKET (ザ グッドランド マーケット)』(運営:株式会社アーバンリサーチ)と、「クリエイターの自己実現を応援する」をテーマに多様なクリエイティブプロジェクトを創造する『チグニッタ』(株式会社チグニッタ)が、マスプロダクツ、マスマーケットのなかからは決して生まれてこないアイデアや、個人の意思や熱意がカタチになったストーリーを紡ぎ、「見たことのない新しい価値を紹介する」ことを目的として、アートを軸としたコラボレーションを年間を通じて展開することが決まりました。


アートコラボレーション第一弾、 写真家竹本英樹の美しい写真をファッションに落とし込む身に着けるアート

コラボレーション第1弾アイテムは、チグニッタ運営のオンラインコミュニティ「チグニッタ・コミュニティ」メンバーである鎌倉在住の写真家・竹本英樹をフィーチャーし、彼の写真作品をプリントしたTシャツ。誰もがスマホを手に写真を撮りSNSにアップするなか、8ミリカメラとフィルムという、忘れ去られた古めかしい機材を使って撮影された写真たちは、ピントも色も淡く、時間も場所もわからない遠い記憶の中に放り出されたような不思議な気分になります。そんな竹本英樹の作品を、オーガニックコットンのボディを使ったTシャツのフロントに大きくプリント。4柄のオリジナルTシャツの裏面には、コラボロゴと、アーティストからのメッセージと手書きサインがデザインされます。そして、販売会場では竹本英樹の作品を楽しむことのでき、まさに身に着けるアートの世界をお楽しみいただけます。



Tシャツに用いられた竹本英樹の写真作品プリントや愛用のカメラ機器も同時に展開し、視覚的にも深くアートを感じていただくことができます。

製作を手がける「FEEL FREE(フィールフリー)」は、日常にアートを添える・アートを纏うことができるアイテムを展開する新進気鋭のTシャツメーカーです。 「THE GOODLAND MARKET」「chignitta」「FEEL FREE」のトリプルネームでコラボレーション。 別注Tシャツは、環境にも配慮されたオーガニックコットンを使用しています。 商品はURBAN RESEARCH 堀江店・URBAN RESEARCH KYOTO・URBAN RESEARCH ONLINE STOREにてご覧いただけます。 販売期間は9月30日までとなりますのでぜひ、この機会にご覧ください。


about artist 竹本英樹/Hideki Takemoto 8mmフィルムを使用した独特の世界観で写真作品を制作。人の意識や記憶と交錯するその写真は世界各国で発表され、国や人種の枠を超え数多くの人々と繋がって来た。写真家・森山大道氏は竹本英樹を、「在界の断片、日常の細片、時間の破片を、具象と抽象との間(あわい)に昇華させて、イメージの在界に連れ込んだ希少な写真家」と評している。 http://www.hidekitakemoto.com/





Komentarze


bottom of page